学校給食・くじら交流の日

鯨肉「おいしい」 伝統の食文化継承へ 長門・下関 /山口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 長門、下関両市で1日、小中学校などで鯨肉料理を味わう「学校給食・くじら交流の日」があった。かつて捕鯨が盛んだった長門市では、市内全16の小中学校で、給食のおかずの一品にクジラの料理が加わった。

 両市一帯では、節分(3日)に大きなものを食べると「邪気を払う」「大きく健やかに育つ」として、鯨肉を食べる…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

あわせて読みたい

ニュース特集