メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校給食・くじら交流の日

竜田揚げに舌鼓 下関の幼小中 /山口

 節分(3日)を前に下関市と長門市は1日、「学校給食・くじら交流の日」として小中学校や幼稚園の給食で鯨料理を出した。両市一帯では、節分に大きなものを食べると「邪気を払う」「大きく健やかに育つ」として、鯨を食べる風習がある。

 捕鯨や伝統的な食文化の継承を目的に2012年度から始まり7回目。下関市では1、4日に市内の全公立小中学校71校と幼稚園10園で鯨給食…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  4. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです