年金運用

損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 公的年金の積立金を運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は1日、昨年10~12月期の運用損失が14兆8039億円に上ったと発表した。利回りはマイナス9・06%。米中の貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱などを懸念した世界的な株安と円高の影響で、2001年の市場運用開始以降、四半期ベースでは過去最大の損失。

 運用損は、国内株式が7兆6556億円、外国株式が6兆8582億円、外国債券が7182億円。国内債券は、長期金利の低下を受けて市場での売買価格が上がったため4242億円のプラスだった。

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1167文字)

あわせて読みたい

注目の特集