メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中貿易

なお不透明 トランプ氏、首脳会談に意欲

 トランプ米大統領は1月31日、ホワイトハウスで中国の劉鶴副首相と会談し、米中の貿易戦争収束に向け、習近平国家主席と直接会談することに前向きな姿勢を示した。ワシントンでは31日までの2日間、米中の閣僚級通商協議が開催され、ホワイトハウスは「進捗(しんちょく)はあったが、やり残した課題も多い」との声明を発表。貿易戦争が両国経済に影を落とす中、3月1日の交渉期限までの合意は依然、見通せない。【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】

 閣僚級協議終了後、トランプ氏は中国側の交渉責任者を務めた劉副首相をホワイトハウスに招き「習主席とはとても強い関係を築いている。米中関係は今までにないほど発展している」と友好ムードを演出してみせた。トランプ氏の手元には、劉氏から渡された習氏の親書があった。親書で習氏は交渉期限内の合意に強い期待を示すとともに、米国産大豆の輸入拡大という「お土産」も用意した。

 トランプ氏は会談で習氏との首脳会談に前向きな姿勢も示した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは31日、中国側が首脳会談を2月に中国・海南島で開くことを提案したと報じた。

この記事は有料記事です。

残り1565文字(全文2044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです