メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

「統計不正国会」底なし

 衆参両院の本会議で1日までの3日間続いた各党代表質問では、厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の不正問題が最大の焦点となった。春の統一地方選や夏の参院選を控え、安倍政権は幕引きを急ぎたい考えだったが、問題の解決に向けた前進はほとんどなかった。対応に苦慮する安倍政権に対し、野党は4日から始まる一問一答形式の衆院予算委員会で徹底追及する構えだ。

この記事は有料記事です。

残り2330文字(全文2502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです