メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

産婦人科医はどこ?=青野由利

 <do-ki>

 世界初の体外受精でルイーズ・ブラウンさんが生まれたのは40年前。これを手がけたのは英国のエドワーズとステプトーの2人組だ。

 エドワーズが2010年にノーベル医学生理学賞を受賞した時、ステプトーは既に故人。結果的にエドワーズ一人が受賞の栄誉に浴したわけだが、では2人の役割分担は?

 過去の経緯を振り返ると、長年「体外受精が不妊治療に使える」と考えていたのはエドワーズだ。ただし彼は生理学者で、医者ではない。しかも、当時、英国の多くの産婦人科医はエドワーズに批判的だった。ようやく探し当てた協力者が腹腔(ふくくう)鏡を専門とする産婦人科医、ステプトーだったということらしい。

 2人の関係が改めて気になったのは、中国の「ゲノム編集した双子の誕生」が事実だと中国当局が認定したか…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文1002文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです