メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

顔真卿の「祭姪文稿」って何? 死を悼む弔文の草稿 情感あふれる代表作=回答・桐山正寿

顔真卿筆「祭姪文稿」=台北の國立故宮博物院蔵

顔真卿(がんしんけい)の「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」って何?

 なるほドリ 東京国立博物館(東京都台東区)で開催中の書の特別展「顔真卿(がんしんけい) 王羲之(おうぎし)を超えた名筆」(24日まで)が話題らしいね。

 記者 今回初来日した「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」は書聖、王羲之と並び称せられる書の巨人で唐時代の官僚、顔真卿(709~785年)の代表作。唐代の僧、懐素(かいそ)の「自叙帖(じじょじょう)」などとともに日本の三筆、三跡の書も勢ぞろいしました。書の歴史を多角的に概観できる構成です。

 Q 「祭姪文稿」は台北・故宮(こきゅう)博物院の至宝と呼ばれていると聞いたよ。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 新型肺炎 クルーズ船乗客2人死亡 早期診察でも重症化

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです