メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

顔真卿の「祭姪文稿」って何? 死を悼む弔文の草稿 情感あふれる代表作=回答・桐山正寿

顔真卿筆「祭姪文稿」=台北の國立故宮博物院蔵

顔真卿(がんしんけい)の「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」って何?

 なるほドリ 東京国立博物館(東京都台東区)で開催中の書の特別展「顔真卿(がんしんけい) 王羲之(おうぎし)を超えた名筆」(24日まで)が話題らしいね。

 記者 今回初来日した「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」は書聖、王羲之と並び称せられる書の巨人で唐時代の官僚、顔真卿(709~785年)の代表作。唐代の僧、懐素(かいそ)の「自叙帖(じじょじょう)」などとともに日本の三筆、三跡の書も勢ぞろいしました。書の歴史を多角的に概観できる構成です。

 Q 「祭姪文稿」は台北・故宮(こきゅう)博物院の至宝と呼ばれていると聞いたよ。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです