メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

野中広務氏一周忌の夕べ=伊藤智永

野中官房長官(左)と小渕恵三首相=衆院本会議場で1999年6月11日、草刈郁夫撮影

 先週の土曜日、1月26日は、野中広務元官房長官の命日である。一周忌はご遺族だけで済まされたという。番記者だった私のように、もう一年かと感慨にふける者は心の持ち寄りどころがない。

 同夜、東京都内で小さなしのぶ会に出た。一人一人の思い出話に耳を傾けた帰路、寒風の吹く夜のビル街を歩きながら、平成政治史前期(1990年代)の躍動感がよみがえった。あの世から政治家の魂が降りてきた気がした。

 出席者は官僚、企業人、政党職員、記者など約30人。どこからか耳にした二階俊博自民党幹事長が伝言を寄…

この記事は有料記事です。

残り1710文字(全文1952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです