メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

一石二鳥狙う 朝鮮半島問題、影響力確保 米中会談に意欲

 【北京・浦松丈二】中国は今後調整が進むとみられるトランプ米大統領と習近平中国国家主席の首脳会談について、3月1日に期限を迎える米中通商協議の決着を目指すだけではなく、同時期の米朝首脳会談に日程を接近させ、朝鮮半島問題での「中国外し」をけん制する一石二鳥を狙っている模様だ。

 中国外務省の耿爽(こうそう)副報道局長は1日の定例記者会見で、「トランプ大統領は習主席との再会談に期待を表明した。中国側は注目している」と期待感を示した。耿氏は具体的な会談日程は明かさなかったが、水面下の調整は大詰めを迎えているようだ。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、1月30、31日にワシントンで開かれた閣僚級通商協議…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです