メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

一石二鳥狙う 朝鮮半島問題、影響力確保 米中会談に意欲

 【北京・浦松丈二】中国は今後調整が進むとみられるトランプ米大統領と習近平中国国家主席の首脳会談について、3月1日に期限を迎える米中通商協議の決着を目指すだけではなく、同時期の米朝首脳会談に日程を接近させ、朝鮮半島問題での「中国外し」をけん制する一石二鳥を狙っている模様だ。

 中国外務省の耿爽(こうそう)副報道局長は1日の定例記者会見で、「トランプ大統領は習主席との再会談に期待を表明した。中国側は注目している」と期待感を示した。耿氏は具体的な会談日程は明かさなかったが、水面下の調整は大詰めを迎えているようだ。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、1月30、31日にワシントンで開かれた閣僚級通商協議…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文858文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  4. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです