メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

一石二鳥狙う 朝鮮半島問題、影響力確保 米中会談に意欲

 【北京・浦松丈二】中国は今後調整が進むとみられるトランプ米大統領と習近平中国国家主席の首脳会談について、3月1日に期限を迎える米中通商協議の決着を目指すだけではなく、同時期の米朝首脳会談に日程を接近させ、朝鮮半島問題での「中国外し」をけん制する一石二鳥を狙っている模様だ。

 中国外務省の耿爽(こうそう)副報道局長は1日の定例記者会見で、「トランプ大統領は習主席との再会談に期待を表明した。中国側は注目している」と期待感を示した。耿氏は具体的な会談日程は明かさなかったが、水面下の調整は大詰めを迎えているようだ。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、1月30、31日にワシントンで開かれた閣僚級通商協議…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです