メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

日本食のブランド力=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

 欧米で日本食が人気の国は多い。以前はすしが中心だったが、最近はB級グルメ系にもブームが及んでいる。

 例えばロンドンではカツカレーが近年人気だ。弊社の提携先の英国人は「日本食は健康にいい。だから僕は毎日カツカレーを食べている」と胸を張っていた。かなり偏った思い込みだが、「日本食=健康」というイメージが定着していることが分かる。ただし値段は1200円前後(税込み、以下同)と安くはない。

 米国でも日本食ブームが見られる。日本貿易振興機構(ジェトロ)の2018年度の「米国における日本食レ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです