メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
子育て親子

わらべうたで運動感覚磨く

わらべうたを育児に取り入れることを勧める山下直樹さん=田村佳子撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 じっとしていられない子どもを叱りつけるより、一緒にわらべうたを歌いながら体を動かしてみませんか--。保育の専門家はこう提案する。わらべうたには心や体の発育を促す要素があるという。

 ●大人も一緒に成長

 ♪いもむしごーろごろ ひょうたんぽっくりこ

 こんなわらべうたを歌いながらゴロゴロ床を転がった記憶はないだろうか。このゴロゴロ、幼い子には楽しいだけでなく、回転や上下左右の動きを感じ、自分の体が空間の中でどういう状態にあるのかをつかむ「平衡感覚」を育む効果もある。子どもは、体を動かすことで感覚が成長するからだ。

 「わらべうたには『揺れる』『動かす』『触れる』などの要素が多く、感覚を育むのにぴったり。道具も場所…

この記事は有料記事です。

残り1657文字(全文1979文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 家裁送致 放火容疑中学生を窃盗で 地検 /熊本

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです