メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

気概、世界にみせる=渡辺守成

 

 先月17、18両日、スイス・ローザンヌの国際オリンピック委員会(IOC)本部で、「新メンバーのためのIOC序論」と題した研修が開かれました。「IOCとは」に始まり、広報活動、倫理規定など15項目について徹底的な研修を受けました。IOC委員としての仕事が始まったことを実感し、身の引き締まる思いがしました。

 昨年、バッハ会長からIOC委員に推薦すると告げられた時は驚きました。国際体操連盟(FIG)はIOCよりも歴史のある団体とはいえ、FIG会長として実績を積んだもう少し先の話だと考えていました。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです