メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

気概、世界にみせる=渡辺守成

 

 先月17、18両日、スイス・ローザンヌの国際オリンピック委員会(IOC)本部で、「新メンバーのためのIOC序論」と題した研修が開かれました。「IOCとは」に始まり、広報活動、倫理規定など15項目について徹底的な研修を受けました。IOC委員としての仕事が始まったことを実感し、身の引き締まる思いがしました。

 昨年、バッハ会長からIOC委員に推薦すると告げられた時は驚きました。国際体操連盟(FIG)はIOCよりも歴史のある団体とはいえ、FIG会長として実績を積んだもう少し先の話だと考えていました。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです