メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

予防接種により「隠れ患者化」 せき出る人はマスクを

 インフルエンザの猛威が続く中、勤務先や学校で感染を広めやすいのが、微熱や鼻水など軽い風邪のような症状しかなく、罹患(りかん)の自覚がない「隠れインフル患者」だ。専門家はマスク着用など他人にうつさないための対策を呼び掛けている。

 インフルエンザは通常、38度以上の高熱や、関節痛や筋肉痛、全身の倦怠(けんたい)感が急速に表れる。ただし、事前にインフルエンザワクチンを接種していると、軽症で済む場合がある…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. WEB CARTOP 明らかに健康に悪そう! いまだに地方で黒煙を上げる大型ディーゼル車が走っているワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです