メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んであげて

サヤ姫とふしぎな赤い実/2

サヤ姫とふしぎな赤い実 2

 <広げよう おはなしの輪>

文(ぶん) 小浜(こはま) ユリ 絵(え) 片山 若子(かたやま・わかこ)

 謁見(えっけん)の間(ま)に現(あらわ)れたのは、王子(おうじ)と思(おも)われる少年(しょうねん)と、お供(とも)の家来(けらい)二人(ふたり)。身(み)なりこそ立派(りっぱ)ですが、王子(おうじ)はまだほんの十二(じゅうに)、三才(さんさい)の少年(しょうねん)です。

(まあ、わたしと同(おな)じ年(とし)くらいの男(おとこ)の子(こ)じゃないの)と、サヤ姫(ひめ)は…

この記事は有料記事です。

残り1328文字(全文1566文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです