メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

「対応誤れば見捨てられるのは日本」拡大する外国人労働、先行する現場の今

台所を掃除するフィリピン人のアナリン・レデスマさん=大阪市東淀川区で2019年1月24日、梅田麻衣子撮影

 単純労働の分野も含む外国人の受け入れ拡大が4月に迫っている。人口減少や人手不足を背景に労働力としての期待は高まっているが、日系人ら外国人労働者が働く現場では多くの課題が残されたままだ。先行事例から見えてくる外国人労働を巡る課題を探った。

家事代行でピカピカ掃除、依頼主「100%満足」

 「キュッ、キュッ」と小気味よい音をさせながら、フィリピン人のアナリン・アルセ・レデスマさん(27)が台所の壁を拭き、油汚れを落としていく。ダスキンの家事代行スタッフとして訪れた大阪市内のマンションの一室。日本人スタッフとともに、1時間半で台所の隅々までピカピカに。依頼した主婦の松倉晃子さん(36)は「さすがプロ、100%満足です」と笑顔を見せた。

 外国人の家事労働を解禁した大阪市や東京都などでは、約700人の外国人が掃除や洗濯などの家事をこなす。工場やコンビニなど外国人が働く現場は多岐にわたるが、家庭内の労働をも支え始めている。外国人による家事代行は2015年、地域限定で規制緩和する国家戦略特区の枠組みで認められた。人手不足の中で女性の就労の後押しを目指したものだ。基礎レベルの日本語能力や1年以上の実務経験が条件で給与は日本人スタッフと同…

この記事は有料記事です。

残り1646文字(全文2163文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  3. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

  4. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  5. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです