メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露さらに冷却 中露は関係強化へ「一緒にウオッカ」首脳同士も蜜月

記者会見でINF全廃条約からの離脱を発表するポンペオ米国務長官=米ワシントンで1日、AP

 【ワシントン会川晴之、モスクワ大前仁】米国とロシアが中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱をそろって表明したことで、米露関係はさらに冷却化する可能性が高い。一方でロシアはこの数年、米国に対抗するために中国に急接近しており、中露連携の動きが加速しそうだ。

 「モスクワは北京との戦略的関係をより強化するだろう」。米国の情報機関を束ねる米国家情報局は、1月末に公表した最新の「世界の脅威評価」で、中露の接近に強い警戒感を示した。核超大国のロシアと、経済超大国の中国が組めば、米国の安全保障にとって大きな脅威になるとの認識がある。

 中露の急接近は、ロシアが2014年にウクライナのクリミア半島を一方的に併合したことがきっかけだ。欧…

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1401文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです