メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露さらに冷却 中露は関係強化へ「一緒にウオッカ」首脳同士も蜜月

記者会見でINF全廃条約からの離脱を発表するポンペオ米国務長官=米ワシントンで1日、AP

 【ワシントン会川晴之、モスクワ大前仁】米国とロシアが中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱をそろって表明したことで、米露関係はさらに冷却化する可能性が高い。一方でロシアはこの数年、米国に対抗するために中国に急接近しており、中露連携の動きが加速しそうだ。

 「モスクワは北京との戦略的関係をより強化するだろう」。米国の情報機関を束ねる米国家情報局は、1月末に公表した最新の「世界の脅威評価」で、中露の接近に強い警戒感を示した。核超大国のロシアと、経済超大国の中国が組めば、米国の安全保障にとって大きな脅威になるとの認識がある。

 中露の急接近は、ロシアが2014年にウクライナのクリミア半島を一方的に併合したことがきっかけだ。欧米から厳しい経済制裁を受けたロシアは、軍事・政治両面で従来の政策を変え、最新鋭地対空ミサイル「S400」、最新鋭戦闘機「スホイ35」の中国への輸出を認めた。それまでロシアは、露製兵器を中国が無断複製することに立腹、最新鋭武器の輸出を制限していたが、方針を転換した。

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです