メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

イノシシ肉、NO1どれだ…日本猪祭りが16日に東京で初開催

東京で初開催される日本猪祭りの告知ポスター=「猪鹿庁」提供

 全国のイノシシ肉を食べ比べてナンバーワンを決める「日本猪(いのしし)祭り」が今月16日、東京都江東区で開かれる。これまでは岐阜県郡上市で行ってきたが、今年のえと「亥(い)」にちなみ、集客が見込める都内で初開催する。

 祭りはイノシシ肉の魅力を発信して産地ごとのブランド化を目指すことなどが狙い。主催の「里山めぐり利き猪実行委員会」を運営する里山保全組織「猪鹿庁」(郡上市)が2017年から始め、今回で3回目となる。

 昨年はイノシシ肉を扱う14県の計26施設が出品し、岡山県の加茂川有害獣利用促進協議会の肉がグランプ…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文705文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです