「玄海原発」避難訓練に7700人 3県連携は再稼働後、初めて

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
避難訓練で入所者役を車に乗せる特別養護老人ホームの職員=佐賀県玄海町で2019年2月2日午前8時56分、池田美欧撮影
避難訓練で入所者役を車に乗せる特別養護老人ホームの職員=佐賀県玄海町で2019年2月2日午前8時56分、池田美欧撮影

 佐賀県玄海町の九州電力玄海原発で重大事故が発生したとの想定で、佐賀、福岡、長崎3県が2日、防災訓練を実施した。3県が連携する訓練は玄海原発3、4号機の再稼働後初めて。3県で計約7700人が参加し、住民らが避難経路などを確認した。

 佐賀県内で震度6弱の地震が発生し、3号機の冷却材が漏れ出すなどして全…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

あわせて読みたい

注目の特集