メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イライラや倦怠感など 月経前症候群 アプリで把握 京大など開発

PMSなど月経周期に伴う身体・精神的な症状を記録できるアプリ「モニシア」。見やすいように色合いやデザインが工夫されている=京都市左京区の京都大で2019年1月23日午後3時28分、菅沼舞撮影

 イライラや倦怠(けんたい)感といった月経前症候群(PMS)の症状、その時の気分などを記録して体調管理につなげるアプリを、京都大とコニカミノルタビジネスイノベーションセンタージャパン(東京都港区)が開発した。体調変化を自覚することで症状に気づくことができ、事前の対処につながるという。クラウドファンディング(CF)を3月まで行い、目標額の500万円に届けばアプリをリリースする。

 PMSは200以上の精神・身体症状があり、客観的な診断指標がなく本人以外はつらさが分かりにくい。製…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです