メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結婚式、桜花見・・・過熱する「平成最後の」改元商戦 

国立公文書館で販売されている「平成」の文字が書かれたクリアファイル=東京都千代田区で2019年1月28日午後4時24分、宮武祐希撮影

 5月1日の改元まで3カ月を切った。「平成最後」とのキャッチフレーズが街にあふれ、祝賀ムードにあやかろうとブライダルや旅行業界はイベントやツアーを相次いで企画。公的機関も記念グッズを販売して売り上げを伸ばすが、「クリスマスやハロウィーンのようにイベント化している」と指摘する識者もいる。【山口知、桐野耕一】

 旧皇族の邸宅の跡地にホテルを建設するなど皇室とゆかりのあるプリンスホテル。長野県や滋賀県、広島県な…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 羽生は11番目 フィギュアNHK杯男子滑走順決まる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  5. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです