メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチックごみ 国内河川原因の海洋汚染も深刻 理科大グループなどまとめる

河川の調査で見つかったマイクロプラスチック=千葉県野田市山崎の東京理科大で2018年12月27日午後3時5分、椋田佳代撮影

 日本近海を漂う微細なマイクロプラスチック(MP)の汚染源が、中国や韓国などアジア諸国から漂着したプラスチックごみだけでなく、国内の河川からのごみも影響しているとの調査結果を東京理科大の二瓶泰雄教授(河川工学)らのグループがまとめた。日本近海はMP密度が世界平均より高い「ホットスポット」といわれており、二瓶教授は身近な生活からプラごみを減らす必要を訴える。

 調査は2015~18年、中部、近畿地方を除く北海道から沖縄までの全国29河川のMP密度を調べた。全…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです