メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC目指す大六野「積極的に」荻野「V争いを」 別大マラソン前日会見

初マラソンに臨む意気込みを語る大六野秀畝(右端)ら国内招待選手たち=大分市で2019年2月2日午後2時8分、徳野仁子撮影

 2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の男子出場権が懸かる第68回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催、日本陸上競技連盟など後援)は3日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市を経由して大分市営陸上競技場にフィニッシュするコースで開かれる。2日には主な海外・国内招待選手、視覚障害者の部に参加する選手が記者会見に臨み、意気込みを語った。

 別大毎日でのMGC出場権の獲得条件は、すでに出場権を持っている選手を除いた日本人トップで2時間11分以内と、日本人2~6位で2時間10分以内。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです