メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボルト摘出、全力プレー 若きスラッガー鈴木 広島・日南キャンプ

前田智徳氏(左端)が見守る中、背番号「1」のユニホームでティー打撃をする広島の鈴木=宮崎県日南市で2019年2月2日午後0時51分、田中将隆撮影

 昨年11月に右足首のボルト摘出手術を受けた影響で、2年連続で別メニューのキャンプスタートとなった。「体は動かせている。バランスは良いと思わないが、自分のスイングはできている」と手応えを口にしている。

 初日から2日連続で昼食時間に打撃練習をする「ランチ特打」に登場。約30本の連続ティー打撃では途中から「ウォー、ウォー」と…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです