メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

政治 通常国会始まる まず統計不正の解明を

衆院本会議で立憲民主党の枝野幸男代表(手前)の代表質問を聞く安倍晋三首相(奥右)と麻生太郎副総理兼財務相(奥左)=国会内で2019年(平成31年)1月30日、川田雅浩撮影

[PR]

与良正男よらまさお 毎日新聞まいにちしんぶん 専門編集委員せんもんへんしゅういいん

 通常国会つうじょうこっかいはじまりました。

     4がついっぱいで平成へいせいまくじ、あたらしい天皇陛下てんのうへいか誕生たんじょうします。この国会こっかい平成へいせいと、つぎ時代じだいをまたぐことになります。ぜひ、未来みらい日本にっぽんけた論戦ろんせん期待きたいしたいものです。

     でも、残念ざんねんながら、まず早急さっきゅう解明かいめいしないといけないテーマがあります。厚生労働省こうせいろうどうしょう統計とうけい不正ふせい問題もんだいです。

     厚労省こうろうしょう全国各地ぜんこくかくち会社かいしゃはらっている給料きゅうりょう状況じょうきょう発表はっぴょうしている「毎月まいつき勤労きんろう統計とうけい」という調査ちょうさが、じつながねん、ルールに違反いはんして、不適切ふてきせつなものだったというはなしは、みなさんもニュースでみみにしたとおもいます。

     人口じんこうえたか、ったか。物価ぶっかがったのか、がったのか。家庭かてい教育費きょういくひ平均へいきんでいくらかかっているのか。くに自治体じちたい政策せいさくはこうした調査ちょうさ数字すうじ参考さんこうつくられるものです。

     つまり統計とうけい調査ちょうさ政策せいさく土台どだいです。それが正確せいかくではどうなるか、みなさんもかるでしょう。

     なぜ、そんなルール違反いはんはじめたのか。なぜ、それがずっとつづいてきたのか。厚労省こうろうしょうはあわてて調査ちょうさをしました。ところが、おどろくことに、この調査ちょうさもきちんとしていなかったのです。

     第三者だいさんしゃ弁護士べんごしらが職員しょくいんから調査ちょうさをしていたとっていたのに、実際じっさいにはおおくは厚労省こうろうしょう幹部かんぶりをしていたとか、電話でんわやメールでませていたとか。上司じょうしまえではなかなか職員しょくいん本当ほんとうのことはいづらいですよね。電話でんわやメールではおざなりのこたえになりがちです。

     結局けっきょくいまのところ、おおくの「なぜ」はからずじまい。厚労省こうろうしょう調査ちょうさをやりなおすことになってしまいました。

     国会こっかい施政方針演説しせいほうしんえんぜつ安倍晋三あべしんぞう総理大臣そうりだいじん首相しゅしょう)は、「この6ねんかん経済けいざいは10%以上いじょう成長せいちょうした」などと数字すうじげて、実績じっせきをアピールしました。そうした数字すうじ信頼性しんらいせいらいではなりません。これは深刻しんこく問題もんだいです。


     政治部せいじぶデスクなどをて2004ねんから論説委員ろんせついいん早稲田大学大学院客員教授わせだだいがくだいがくいんきゃくいんきょうじゅつとめた。TBSテレビ・ラジオや大阪おおさかMBSテレビの報道番組ほうどうばんぐみなどでコメンテーター。1957年生ねんうまれ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. かんぽ生命と日本郵便に一部業務停止命令へ 金融庁 両社の調査外で不正

    2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

    3. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

    4. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

    5. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです