メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
NYビート

メキシコの麻薬王・エルチャポ裁判傍聴記(2)堂々と国境を越えるコカイン

米当局に押収されたコカイン=裁判資料から

 ニューヨーク市ブルックリン地区の連邦裁判所で、メキシコの麻薬王、ホアキン・グスマン(通称「エルチャポ」)を被告とする裁判が行われている。麻薬密輸組織「シナロア・カルテル」の首領だ。メキシコに勤務していた8年前から動向を追っていた麻薬王とカルテルの実態を知るため、公判を傍聴している。

「世界で誰よりも多くの麻薬を供給した」と自慢

 エルチャポは1989年から2014年の間にコカインやヘロインなどの麻薬を生産、密輸、販売するシナロ…

この記事は有料記事です。

残り2657文字(全文2871文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

國枝すみれ

1991年入社。英字新聞毎日デイリーニューズ編集部、西部本社福岡総局で警察担当記者、ロサンゼルス支局、メキシコ支局を経て、2016年4月からニューヨーク特派員。05年、長崎への原爆投下後に現地入りした米国人記者が書いたルポを60年ぶりに発見して報道し、ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです