メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
NYビート

メキシコの麻薬王・エルチャポ裁判傍聴記(3)私の知人を殺したのはエルチャポの息子だった

エルチャポの妻、エマ・コロネル(右)=ニューヨーク市ブルックリンで2019年1月30日、國枝すみれ撮影

 ニューヨーク市ブルックリン地区の連邦裁判所で、メキシコの麻薬王、ホアキン・グスマン(通称「エルチャポ」)を被告とする裁判が行われている。エルチャポの家族や記者、俳優、観光客までさまざまな人が傍聴に来る。

法廷に入ると美人妻を探す麻薬王

 傍聴席は45人ほどしか座れない。被告人側傍聴席に座った際、「ぷーん」と強い香水の匂いがした。目の前に長い黒髪のメキシコ人女性がいる。エルチャポの妻エマ・コロネル(29)だ。大きく突き出た尻と太い太もも。ぴったりしたジーンズが体の線をより強調している。

 おそらく望むものはすべて手にいれることができたであろう麻薬王が選んだだけのことはあり、メキシコでセ…

この記事は有料記事です。

残り3472文字(全文3765文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

國枝すみれ

1991年入社。英字新聞毎日デイリーニューズ編集部、西部本社福岡総局で警察担当記者、ロサンゼルス支局、メキシコ支局を経て、2016年4月からニューヨーク特派員。05年、長崎への原爆投下後に現地入りした米国人記者が書いたルポを60年ぶりに発見して報道し、ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ORICON NEWS [コミケ96]盗撮にセクハラ…コスプレイヤーとカメコ間のトラブルとは? 対処法を弁護士に聞く

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです