メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

新橋の日本料理『堤』

情報提供:まとメシ

新橋駅から少し歩いた、静かな雰囲気の一角。夫婦ふたりで営む和食店「堤」はある。

堤(最寄駅:新橋駅)

美味しさを引き立てる心遣いもうれしい 食事のメニューは、ドリンクが3杯付いたコース1種のみ。しかしながら、ご主人が作る料理には旬の味だけでなく、食べ手の健康を気遣った食材も使用され、そこに奥様セレクトの料理を引き立てる食中酒がぴたりと寄り添う。それらが奏でる美味しさのハーモニーときたら、自然に笑顔になれること請け合いだ。また開店と同時に休む暇のないふたりだが、料理や酒の説明、食と酒の相性といったさり気ないひと言は忘れない。食を中心に楽しい時間を過ごしてほしいという細やかな心遣いは温かく、実に心地いい。デートや友人たちと、さらにカジュアルな接待などに利用する人も多いそう。大いに納得。一度通えば四季ごとに、あるいは月ごとに足を運びたくなる店なのだ。

おまかせコース(ドリンク3杯付き) 「八寸」 (ホタルイカ・青さの茶碗蒸し、 ジャコとキャベツ漬け 梅酢和え、 奈良漬 酒粕和え、空豆豆腐 酒盗餡、 タコの刺身 煎り酒、カマス小袖寿司、 こごみ天ぷら、海老真丈) 6950円

旬の味でまとめられた八寸。小ボトルは2杯計算

桜海老の土鍋ご飯(写真は2人前)

コースの最後に出る土鍋ご飯。5、6月は一番人気の桜エビ

新じゃがいもの冷やし鉢

隠し味に牛乳が加えられ、やわらかな味わい。昆布ダシのジュレとよく合う

いづみ鶏と温泉卵 カリフラワーのすり流し

鶏の香ばしさとカリフラワーの甘みの相性のよさに驚かされる

新ごぼうの真丈とえんどう豆のすり流し

鮮やかな緑とごぼうのやさしい香りが見事

お店からの一言

店主 堤 伸義さん、あす美さん

「大切な人と食事をそんな時に利用してください」

堤の店舗情報

[住所]東京都港区新橋6-8-1 [TEL]03-6432-4210 [営業時間]18時~22時半(19時半LO)、土~22時(18時半LO) [休日]日・祝、第1・3土 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩8分 ※予約は4名まで。1カ月先まで可 ※予約は電話のみ(営業日の15~16時)

電話番号 03-6432-4210
2018年6月号発売時点の情報です。

関連記事

吉祥寺の日本料理『ビストロ 丿貫(へちかん)』
三鷹の日本料理『和食 きんとき』
銀座の日本料理『しらたまや』
芝公園の日本料理『食事 太華』
代々木上原の日本料理『キガルニワショク 弾』


情報提供:まとメシ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです