メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芸能

被害女性は新井容疑者を俳優と分からず 熟練セラピストでショックで店辞める(スポニチ)

強制性交の疑いで逮捕された新井浩文容疑者=スポニチ提供

新井浩文容疑者逮捕

 被害女性は新井容疑者が何者か分かっていなかった。捜査関係者によると、俳優としての新井容疑者の存在を知らなかったようで自宅マンションの室内も暗く、人相を確認できなかったという。新井容疑者については、訪問先の自宅マンションが分かっており、防犯カメラの映像やマンション住民の顔写真を女性に確認してもらい、本人と特定したという。

 被害女性は事件発生直後の午前4時すぎに近くの警察署を訪れ、被害を相談。その後に世田谷署を改めて訪れ、8月下旬に被害届を提出した。

 出張マッサージ店は風俗店ではなく、性的なサービスはなかった。新井容疑者も昨年3月の初回利用時に「本番行為禁止」とした旨の念書に署名押印している。捜査関係者は「女性は抵抗したが、どうしようもなかったようだ」と話した。被害女性はマッサージのレッスンを受けた熟練のセラピストで、事件のショックにより同店を辞めている。(スポニチ)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです