メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

新車時に注目しなくてゴメン! 今噛み締めるとよさが伝わるスルメのような絶版国産車5選

情報提供:カートップ

新車時に注目しなくてゴメン! 今噛み締めるとよさが伝わるスルメのような絶版国産車5選

今や絶大な人気の名車も当時はフツーのクルマだった

 新車のときはフツーというか興味もなかったし、実際、販売も今ひとつだったけど、中古車になると意外にいいんじゃない? と再評価されるクルマはある。まぁ、クルマ以外もあるし、友達や異性でも別れてから、よかったよなぁ、なんて噛み締めるのと同じだ。中古車になってじわじわと味わいが染み出てきたクルマを紹介しよう。

1)日産スカイラインGT-R(R33)

 R32の衝撃のあとに出たのが、もちろんR33のGT-Rだ。内容的には踏襲していて大きく変わるところはなかったものの、問題はボディとそのデザインだった。要は大きくボッテリとしていて、R32のイメージとは真逆。クルマ好きみんながっくりしたし、販売も芳しくなかった。

名車

 それが今乗ってみると、鈍重な感じだったのが、どっしり感に変わって、なんとも大人な味わいたっぷり。もちろんポテンシャルは高くて、大人のGT-Rという言葉がピッタリだ。

名車

2)マツダRX-8

 RX-7の後継車かと思いきや、どうもそうではないようだし、乗ると違う感じ。ターボもなく、中途半端感満載で不人気に。R33と同じだが、この中途半端感が逆にじわじわくるところ。RX-7のようにクルマのほうから要求が少ないというか、ゆったりと余裕をもって楽しめるのが今となってはいい感じ。

名車

3)トヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノ(AE86)

 これぞ史上最高のスルメグルマだろう。新車当時はカローラのスポーツモデルぐらいの感じだし、性能だって普通。リヤサスはリジッド式で左右独立していないタイプ。不人気車とまではいかなかったけど、下級のAE85は普通に実用ハッチとして使っている人も多かったし、ハチロクにしても先輩から数万円で譲ってもらうようなクルマだったのが、ご存じのように今では大人気に。

名車

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  5. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです