メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

トヨタも真っ青の売れ行き! 石を投げれば当たるほど大ヒットした日産車8選

情報提供:カートップ

トヨタも真っ青の売れ行き! 石を投げれば当たるほど大ヒットした日産車8選

スポーツカーからミニバンまでヒット車が目白押し

 価値の多様化というか、好みがバラバラというか、今の時代ではなかなかない、売れまくりグルマ。あっちを見ても、こっちを見ても同じクルマという時代があったのも確かで、今回は大好評だった

トヨタ編に続いて、日産編を見てみよう。

1)日産シルビア(S13型)

 シルビアと言えば、スポーツカーかつFRということでドリフト好きなどに愛されたのかと思うかもしれないが、バブルの真っ盛り、デートカーの筆頭だった。石田純一よろしくセーターを肩に掛けた男子大学生と女子大生がシルビアでデートしていたものである。真っ向ライバルはホンダのプレリュードで、どちらもやたらと街中で見かけた。今の人に言ってもまったく信じてもらえないが。日産

2)日産マーチ(2代目)

 マッチのマーチ、ジウシアーロデザインの初代もよく見かけたが、コンパクトカーとして大ヒットしたのが2代目マーチだろう。当初、マーチは10年はフルモデルチェンジしないと日産は公言していたので、街中を走る台数が増えたというのもある。女の子向けにも力を入れていたのもヒットの理由で、若かりし頃の川原亜矢子がCMキャラだった。

日産

3)日産サニー

 トヨタアンチを大いに取り込んでいたのが日産だが、さらにカローラアンチに売れたのがサニーだ。フロントエンブレムの形からカミナリサニーと呼ばれた8代目や、環境性能や燃費を売りにした9代目はよく見かけたものだ。

日産

4)日産セレナ(初代)

 ミニバンブーム火つけ役の1台で、当初は1ボックスベースで車高も高めともっさりしていたがヒット。キタキツネなどの変わったグレード名も、アウトドアブームがらみで販売を後押し。

日産

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです