メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

トヨタも真っ青の売れ行き! 石を投げれば当たるほど大ヒットした日産車8選

情報提供:カートップ

トヨタも真っ青の売れ行き! 石を投げれば当たるほど大ヒットした日産車8選

スポーツカーからミニバンまでヒット車が目白押し

 価値の多様化というか、好みがバラバラというか、今の時代ではなかなかない、売れまくりグルマ。あっちを見ても、こっちを見ても同じクルマという時代があったのも確かで、今回は大好評だった

トヨタ編に続いて、日産編を見てみよう。

1)日産シルビア(S13型)

 シルビアと言えば、スポーツカーかつFRということでドリフト好きなどに愛されたのかと思うかもしれないが、バブルの真っ盛り、デートカーの筆頭だった。石田純一よろしくセーターを肩に掛けた男子大学生と女子大生がシルビアでデートしていたものである。真っ向ライバルはホンダのプレリュードで、どちらもやたらと街中で見かけた。今の人に言ってもまったく信じてもらえないが。日産

2)日産マーチ(2代目)

 マッチのマーチ、ジウシアーロデザインの初代もよく見かけたが、コンパクトカーとして大ヒットしたのが2代目マーチだろう。当初、マーチは10年はフルモデルチェンジしないと日産は公言していたので、街中を走る台数が増えたというのもある。女の子向けにも力を入れていたのもヒットの理由で、若かりし頃の川原亜矢子がCMキャラだった。

日産

3)日産サニー

 トヨタアンチを大いに取り込んでいたのが日産だが、さらにカローラアンチに売れたのがサニーだ。フロントエンブレムの形からカミナリサニーと呼ばれた8代目や、環境性能や燃費を売りにした9代目はよく見かけたものだ。

日産

4)日産セレナ(初代)

 ミニバンブーム火つけ役の1台で、当初は1ボックスベースで車高も高めともっさりしていたがヒット。キタキツネなどの変わったグレード名も、アウトドアブームがらみで販売を後押し。

日産

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. 熱中症か 北海道と宮城の男性が死亡
  3. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです