メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧種

オオワシとオジロワシ、同日撮影 宮古のアマ写真家・佐々木さん「幸運に感謝」 /岩手

 宮古市日影町のアマチュア写真家、佐々木繁さん(75)が、共に猛禽類(もうきんるい)で絶滅危惧種のオオワシとオジロワシを、岩泉町の小本川下流で相次いで写真撮影した。時間差は45分。写真を撮り続けて半世紀になるが、同日に、しかも1時間もない時間差で撮影したのは初めてと幸運に感謝している。

 撮影したのは1月27日の午前9時過ぎ。小本川下流の右岸の木の枝にオオワシ1羽が止まっているのを見つけ、600ミリの望遠レンズを向けて飛び立つ瞬間を撮影した。時間は9時13分。左岸沿いに車を走らせ約1キ…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  2. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです