メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちら仙台支局!

福岡に「塩竈松島図屏風」 嫁いだ伊達家の娘通し伝来? /宮城

 中世、近世も観光や信仰の名所として知られた塩釜と松島。その風景を描いた絢爛(けんらん)豪華な屏風図(びょうぶず)「塩竈松島図屏風」が福岡藩主の黒田家に伝わり、現在、福岡市美術館が所蔵している。なぜ遠い福岡に? その伝来の経緯や詳細な図柄の実像をひもとくシンポジウムがこのほど、塩釜市で歴史NPO「みなとしほがま」が主催し開かれた。歴史のロマンを感じて謎に迫ってみた。【渡辺豊】

 この屏風は八曲一双で、左隻に塩釜、右隻に松島が配置され、双方とも縦185センチ、横489センチの大…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1165文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

  3. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです