メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米川の水かぶり

文化遺産登録後初 少年や若者も参加「伝統当分守れる」 /宮城

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されてから初の「米川の水かぶり」が2日、登米市東和町の米川五日町地区であった。郷土の行事を伝えていこうと、少年や若者も参加した。

 代々、水かぶり宿を務める「米川の水かぶり保存会長」、菅原淳一さん(62)方の庭では、午前9時半ごろから装束を身につけた男性たちが顔にすすを塗っていった。「神」…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです