メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新酒

純・福島産に舌鼓 飯坂「摺上川」の酒米作りに外国人参加 「ベリーベリーおいしい!」 /福島

 福島市飯坂地区の農家や観光関係者ら約20人で構成する「飯坂温泉地酒をつくる会」が手掛けた日本酒「純米吟醸 摺上(すりかみ)川」の新酒(生酒)を味わう会が2日、同市飯坂町の安斎果樹園で開かれた。摺上川造りは昨期に続き2回目。原料の米作りに携わった外国人16人や地元の人たち計約40人が参加。外国人らは「ベリー、ベリー、おいしい!」などと新酒を味わった。つくる会幹事の佐藤真也さんは「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで世界に飯坂を発信してもらい、福島第1原発事故の風評を払拭したい」と期待していた。

 つくる会は、飯坂温泉の宿泊客らに地元産品として勧められる酒を造ろうと2017年に結成。1年目は、地…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです