メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公共芸術

「街なか」の彫刻やオブジェ、冊子に 藤沢市・アートスペース実態調査、20年の刊行目指す /神奈川

 公園や駅前などの一角で静かにたたずむ彫像やオブジェ。街歩きをしていても見過ごしてしまいそうな、こうした公共芸術「パブリックアート」への関心を高めようと、藤沢市辻堂神台の美術施設「藤沢市アートスペース」が実態調査を進めている。2020年には、市内に点在する作品を網羅した冊子を刊行予定で、担当者は「日常的に目にする芸術の魅力を再発見できるものにしたい」と話している。

 パブリックアートは、美術館やギャラリーなどの専用展示スペースではなく、公共施設の敷地内や道路沿いな…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」
  4. 盛岡大付、九回2死から見せた意地 諦めずに勝利つかむ
  5. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです