メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日曜エッセー

地酒にカンパイ! 「石見麦酒」工房より 冬のHOTビールに感動 /島根

長野県のビアパブの味を自社ビールで再現したHOTビール=筆者撮影

 今年は、昨年のような大雪は無く、世の中では暖冬といわれている。でも、冬はやっぱり寒いことは寒い。

 ビールは12月の忘年会シーズンが終わると売り上げが極端に落ちる。忘年会、親戚の子供へのお年玉などお金をたくさん使ってしまったリバウンドもあるが、やっぱり「ビールは真夏の太陽の下、汗をかきながらゴクゴク飲む」というイメージが強いのかもしれない。私自身もそう思う。

 どうやったら、冬にビールが売れるのだろうか? 冬にビールを美味(おい)しく飲む方法はないのだろうか? そう考えながら、夜な夜な街に出て市場調査をする。意外にもその一つの答えがあっさり見つかった。たまたま、出張先の長野県のビアパブに寄った時のことだった。「HOTでビールを楽しんでみませんか?」とのキャッチコピーが……。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです