メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テーマ展

古代「海人」暮らし探る 西予・県歴史文化博 /愛媛

(上)横から見た船が線刻された新谷森ノ前遺跡の弥生土器=愛媛県西予市宇和町卯之町の県歴史文化博物館で、松倉展人撮影、(下)縦の線刻は乗船者と見られる=「愛媛県埋蔵文化財センター研究紀要」より

 魚を取り、塩を作り、交易する。絵画土器に描かれた「船に乗る人々」の暮らしは--。弥生時代から古代の瀬戸内に生きた人々「海人(かいじん)」の姿を考古資料から探るテーマ展「瀬戸内の海人たち」が西予市宇和町卯之町の県歴史文化博物館で開かれている。6月16日まで。【松倉展人】

 同館の冨田尚夫・専門学芸員によると、船が描かれた土器は国内で50点が確認され、うち瀬戸内海沿岸で16、県内では4点の出土例がある。今回はいずれも今治市の「新谷(にや)森ノ前遺跡」(新谷)、「下経田(しもきょうでん)遺跡」(朝倉下)の絵画土器を公開している。

 新谷森ノ前遺跡の出土例は弥生時代後期前半(1世紀ごろ)の鉢形土器の上部に、横から見た船が描かれてい…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文874文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館 /群馬
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 東洋の魔女に「吉報」届かず 東京五輪・パラ チケット抽選結果発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです