メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人めぐり

児童文学作家 久保田里花さん(47)=鹿児島市 椋鳩十作品を次世代へ /鹿児島

 鹿児島県立図書館長を務めた児童文学作家、椋(むく)鳩十(はとじゅう)(本名・久保田彦穂、1905~87年)の孫にあたる久保田里花さん(47)が3月、あかね書房(東京)から椋氏の伝記を出版する。「祖父の作品は生きる輝きが書かれ、今の時代に忘れているものを思い起こさせてくれる」と言い、優しさのにじみ出る筆致は血筋を感じさせる。伝記に込めた思いを聞いた。【降旗英峰】

 Q 椋氏は著名で業績を書いた文献も多いです。なぜ改めて伝記を出版するのですか?

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 台風上陸から2カ月たっても避難指示が解除されない町 宮城・大河原町と栃木市

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

  5. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです