メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

INF条約

露も離脱、崩壊 米、中国念頭「新条約」提言

 【ワシントン会川晴之、モスクワ大前仁】トランプ米政権がロシアとの中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱を正式に表明したことに対抗し、プーチン露大統領は2日、ロシアも条約の履行義務を停止すると表明した。米露双方が実際に条約が禁止するミサイル開発に踏み切れば、失効を待たずにINF体制は事実上、崩壊することになる。プーチン氏はまた、極超音速(ハイパーソニック)兵器を含む新型兵器の開発も指示した。

 ホワイトハウスは2日付で米国が条約上の義務の履行を停止し、ロシアに条約離脱を正式通知。それから6カ月後に条約が失効するとしていた。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです