メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

川のごみ、対策急務 ポリ袋、注射器など散乱 脱使い捨て、家庭から

河川の調査で見つかったマイクロプラスチック=千葉県野田市山崎の東京理科大で2018年12月、椋田佳代撮影

 国内の河川からもマイクロプラスチック(MP)の原因になるプラスチックごみが出ていた。実際に、河川はどのくらい汚れているのか。昨年11月、東京都墨田区の荒川河川敷でNPO法人「荒川クリーンエイド・フォーラム」(東京都江戸川区)などが実施したごみ拾いに同行した。

 高さ2メートル以上に成長したヨシの茂みをかき分けると、ペットボトルや食品のポリ袋などのプラごみが散乱していた。約100人の参加者が人海戦術で回収するが、次から次へとポリ袋やカップ麺の包装容器が出てくる。発泡スチロール容器は、手でつかむとぐずぐずと細かく崩れ、破片が風に舞った。これがMPになる。

 1人の女性がプラスチック素材の注射器を見つけた。荒川クリーンエイド・フォーラムの今村和志事務局長(…

この記事は有料記事です。

残り1146文字(全文1474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです