メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
時代の風

EU離脱で揺れる英国 実利重んじパズル解け=ビル・エモット 英誌「エコノミスト」元編集長

ビル・エモット氏

 観念的で不合理、感情的な欧州大陸の隣人と比較して、私たち英国人はいかに自分たちが実利的で合理的、論理的であるかを得意げに語ったものだ。ところが、欧州連合(EU)からの離脱を決めた2016年の国民投票から2年半の間、英国、特に英国政治は、むしろ感情的、非理性的で支離滅裂に見える。3月末の離脱期限が近づくが、振る舞いは改善されていない。ブレグジット(英国のEU離脱)の霧は晴れない。

 国民性は一夜にして変わるものではない。なぜこんなことになったのか。

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1720文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです