メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

EU離脱で揺れる英国 実利重んじパズル解け=ビル・エモット 英誌「エコノミスト」元編集長

ビル・エモット氏

 観念的で不合理、感情的な欧州大陸の隣人と比較して、私たち英国人はいかに自分たちが実利的で合理的、論理的であるかを得意げに語ったものだ。ところが、欧州連合(EU)からの離脱を決めた2016年の国民投票から2年半の間、英国、特に英国政治は、むしろ感情的、非理性的で支離滅裂に見える。3月末の離脱期限が近づくが、振る舞いは改善されていない。ブレグジット(英国のEU離脱)の霧は晴れない。

 国民性は一夜にして変わるものではない。なぜこんなことになったのか。

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  2. レルヒさんもため息? 雪国の新潟、歴史的暖冬で経済大打撃 影響深刻化も

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです