メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外メイ英首相が辞任を表明
INF条約

崩壊 中露、接近に拍車 米に「最悪シナリオ」

 【ワシントン会川晴之、モスクワ大前仁】米国とロシアが中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱をそろって表明したことで、米露関係はさらに冷却化する可能性が高い。一方でロシアはこの数年、米国に対抗するために中国に急接近しており、中露連携の動きが加速しそうだ。

 「モスクワは北京との戦略的関係をより強化するだろう」。米国の情報機関を束ねる米国家情報局は、1月末に公表した最新の「世界の脅威評価」で、中露の接近に強い警戒感を示した。核超大国のロシアと、経済超大国の中国が組めば、米国の安全保障にとって大きな脅威になるとの認識がある。

 中露の急接近は、ロシアが2014年にウクライナのクリミア半島を一方的に併合したことがきっかけだ。欧…

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1261文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです