メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

6兆5040億円 2018年の日銀のETF購入額 株価形成ゆがめる弊害

日銀のETF買い入れ額の推移

 日銀が金融緩和の一環で2018年の1年間に購入した上場投資信託(ETF)の総額は、前年比1割増の6兆5040億円に達した。米中貿易摩擦などで株価が大きく下げる場面が目立ち、購入額が膨らんだ。株式市場の日銀依存が強まり、弊害も指摘される。

 ETFは東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価などに連動した金融商品。株式と同様に市場で売買できる。TOPIXは東証1部に上場している全銘柄の時価総額を指数化したもので、購入すると全銘柄に分散投資するのとほぼ同じ効果を持つ。日銀はETFを通して、全銘柄を買う--というイメージだ。

 日銀がETFの購入を始めたのは白川方明前総裁時代の10年12月だった。リーマン・ショック翌年の09年3月に日経平均株価がバブル後最安値の7054円まで下落し、物価上昇率もマイナス圏に沈んでいた。景気を下支えするため、日銀はETFや国債、社債など多様な資産を買い入れる「基金」を10年10月に創設。大量の資金を金融市場に供給した。ETFの当初の年間買い入れ目標額は4500億円だった。

この記事は有料記事です。

残り1169文字(全文1622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです