メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
けいざい・因数分解

6兆5040億円 2018年の日銀のETF購入額 株価形成ゆがめる弊害

日銀のETF買い入れ額の推移

 日銀が金融緩和の一環で2018年の1年間に購入した上場投資信託(ETF)の総額は、前年比1割増の6兆5040億円に達した。米中貿易摩擦などで株価が大きく下げる場面が目立ち、購入額が膨らんだ。株式市場の日銀依存が強まり、弊害も指摘される。

 ETFは東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価などに連動した金融商品。株式と同様に市場で売買できる。TOPIXは東証1部に上場している全銘柄の時価総額を指数化したもので、購入すると全銘柄に分散投資するのとほぼ同じ効果を持つ。日銀はETFを通して、全銘柄を買う--というイメージだ。

 日銀がETFの購入を始めたのは白川方明前総裁時代の10年12月だった。リーマン・ショック翌年の09…

この記事は有料記事です。

残り1311文字(全文1622文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです