メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

山形・加茂水族館の挑戦(その2止) 廃館危機に救世主

展示水槽の上などバックヤードに来館者を案内し、飼育内容や設備などを紹介するツアーは人気がある=山形県鶴岡市立加茂水族館で2019年1月11日、喜屋武真之介撮影

 

 ◆クラゲに着目、展示種類数世界一

小舟出し採集重ね

 直径5メートルの巨大水槽で大小1万匹以上のクラゲがゆらゆらと漂う。幻想的な姿に大人も子どもも夢中だ。「クラゲ水族館」として知られる山形県鶴岡市立加茂水族館(愛称・クラゲドリーム館)は週末を中心に行楽客でにぎわう。だが20年ほど前には、廃館の瀬戸際にあった。

 「来年はもう立ちゆかなくなるかもしれない」。1997年夏ごろ、当時館長だった村上龍男さん(79)は…

この記事は有料記事です。

残り4930文字(全文5136文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです