メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・この3冊

平成の文学 荒川洋治・選

 <1>しんとく問答(後藤明生著/国書刊行会『後藤明生コレクション4後期』所収/3240円)

 <2>きれいな人(高橋たか子著/講談社/品切れ)

 <3>詩学叙説(吉本隆明著/思潮社/2376円)

 昭和期に登場した作家たちが、平成期に書いた作品から選んだ。

 <1>の『しんとく問答』は、平成七年刊。「弱法師(よろぼし)」俊徳丸ゆかりの地を訪ねるなど、大阪が舞台。「十七枚の写真」は宇野浩二の文学碑をめざして歩いたとき、途中で撮った写真の説明をする単純なつくり。少し知っていること、どこかで聞いたことについてまたわずかだけ知っていく。あるいは、もとのまま。それだけのことがつづくのに、こちらもまた大きな、新しい旅をしている気持ちになる。最後の一枚はトラックで来た作業服の男が、思い切り左足を蹴り上げるところ。「写真は、その二度目の蹴り上げの瞬間を撮ったものです」。名作『挟み撃ち』(昭和四八年)から歩き出した観察の道は、何もないのに深いところに行き着…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文1057文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです