メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『身近な漢語をめぐる』=木村秀次・著

 (大修館書店・2376円)

 「遠慮」の語源は「人遠慮無ければ、必ず近憂有り」という『論語』の言葉で、遠い将来のことまで熟慮することだ。中国では今も同じ意味だが、日本では他人に気を使って言葉や行動を控えめにするという意味が加わり、こちらが主流になった。

 「我慢」は元々は仏教用語で高慢、慢心のことだったが、今では耐え忍ぶ、辛抱するという意味で使われる。なぜ、日本ではこうした意味の変化が…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです