メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『改訂版 全共闘以後』=外山恒一・著

 (イースト・プレス・2808円)

 日本の社会運動についての「常識」に挑んだ通史。「1972年のあさま山荘事件など以降、若者は政治に無関心となり学生運動も消滅。近年、脱原発や反安保法制の国会前デモで全く新しい動きが生まれた」との理解に、多数の事例で反論する。

 著者は2007年の東京都知事選で過激な政見放送が注目された坊主頭の人物だが、本書は「きわもの」ではない。特に力を割いたのは、著者も参加した8…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 「僕はいじめられっ子」被害訴える文章、教諭が教室内に掲示 日光市教委が厳重注意

  4. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです