メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

別府大分毎日マラソン

きょう号砲 五輪かけ、いざ熱戦

別府大分毎日マラソンでの健闘を誓う招待選手たち。前列左から上門、園田、荻野、岡本、大六野。後列左からラクーアヒ、ゴダナ、キプロティチ、モクゴブ、アダネ=徳野仁子撮影

 2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の男子出場権が懸かる第68回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催、日本陸上競技連盟など後援)は3日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市を経由して大分市営陸上競技場にフィニッシュするコースで開かれる。2日には主な海外・国内招待選手、視覚障害者の部に参加する選手が記者会見に臨み、意気込みを語った。

 別大毎日でのMGC出場権の獲得条件は、すでに出場権を持っている選手を除いた日本人トップで2時間11…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです