メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

別府大分毎日マラソン

きょう号砲 五輪かけ、いざ熱戦

別府大分毎日マラソンでの健闘を誓う招待選手たち。前列左から上門、園田、荻野、岡本、大六野。後列左からラクーアヒ、ゴダナ、キプロティチ、モクゴブ、アダネ=徳野仁子撮影

 2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の男子出場権が懸かる第68回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催、日本陸上競技連盟など後援)は3日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市を経由して大分市営陸上競技場にフィニッシュするコースで開かれる。2日には主な海外・国内招待選手、視覚障害者の部に参加する選手が記者会見に臨み、意気込みを語った。

 別大毎日でのMGC出場権の獲得条件は、すでに出場権を持っている選手を除いた日本人トップで2時間11…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文820文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです