メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

東京医大、志願半減 一般入試実施、「不正」影響か

 女子や浪人生への差別といった一連の不正入試問題の発端となった東京医科大で2日、今春の新入生を選ぶ医学部医学科の一般入試が行われた。関係者によると、今年の志願者は昨年の2935人から、半数以下に落ち込んだという。

 追加合格者44人を4月に受け入れるため、募集人数が本来の75人から34人に減ったことも志願者激減の理由とみられる。受験会場も予定の2カ所から1カ所に減らした…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです