メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天体観測会

星空のロマン、楽しんで 愛知・岡崎のアマ天文家・山本さんが「宅配」

 白い息を吐きながら大型の天体望遠鏡をのぞき込んだ若いカップルが歓声を上げた。輝く星空の下、愛知県幸田町の旅館テラスで1月中旬に行われた天体観測会。同県岡崎市のアマチュア天文家、山本稔さん(65)が始めた星空の“宅配”サービスで、「手軽に楽しめる」と利用者の評判は上々だ。

 中学生の頃、友人の望遠鏡で見た月の美しさに感動したのがきっかけで観測にのめり込んだ。地元の岡山県倉敷市を離れ、愛知県で大手自動車会社に就職してからも星空を眺め続けた。1993年にわし座の新星を発見して以来、数々の新星を見つけた…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  4. 余録 お年玉付き年賀はがきの当選番号がきょう発表される…

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです